Tuesday, August 4, 2015

社員証作成にかかる平均価格

自分が会社の人間であることを証明することができるのが社員証です。基本的に会社側が作って社員に渡すものだと思います。この社員証は、デザインや機能にもよりますが一枚あたりの平均価格として1000から1500円くらいが相場で作られています。材質やデザインにこだわらなければ500円近い値段で作れるところもあります。社員の数が何十人という規模の会社ならば問題ないと思いますが、100人を超えてくると社員証を作るだけでもかなりの出費になってしまいます。しかも、社員証をなくした場合は再発行をしなければならないので、できることなら安く抑えたいことと思います。そこで、私は100人を超える規模の会社であれば自社で社員証を作ることを勧めます。社員証を作る機械の相場は20万ほどで、インクや社員証のもととなる用紙の値段もかかるため、外注したほうが安いのではと思いがちですが、毎年入る新入社員の分や再発行の分、繁忙期にはパートや派遣の人を雇う可能性や社員証のデザインを変える必要性が出たときなどのことを考えると、長いスパンでは自社で作ったほうが安上がりになる場合が多いのです。一回で大きな出費が出たり、自分たちで作る手間のことを考えると、手を出しにくいとは思いますが、自社で作る社員証を私はお勧めします。

現在使用している社員証の価格について。

私は過去に、派遣社員として仕事を行ったり、ディベロッパーと呼ばれる企業の中に入っているテナントのお店に働きに行ったりしています。その際に必要となるのが、社員証と呼ばれるIDカードです。企業に出入りする際、その人の入出力記録をつけ、身分を保証するために使用されるものですが、カードの中には様々な技術が詰まっています。最初に支給される場合は無料であるケースがほとんどですが、今まで勤めてきた企業では、紛失すると1000円を支払う必要があるところばかりでした。作成サービスを行う企業によって価格は少しずつ変わってきますが、1枚作成するのに必要な費用としては、おおよそ1000円から2000円程度のようです。社員証のようなごく単純なものから、クレジットカードのように複雑なICチップを埋め込んでいるものまで、様々なタイプが存在しますが、詰め込む技術によって価格が変動していきます。

オリジナルの社員証の価格について

顔写真入りの社員証は、会社で働くうえで欠かせないアイテムとなるのではないでしょうか。例えば、セキュリティ上でも安心ですし、さらには勤怠管理も行えるなどメリットがたくさんあります。そんな社員証ですが、現在ネットでも手軽に制作することが出来ます。価格は1枚当たり550円ほどで作ることが出来て、さらに50種類以上のデザインサンプルから選ぶことも出来るのです。デザインの中には、会社のマークやカラー、さらに記載内容においても用途に合わせて自由自在にデザインすることが出来るのです。また、顔写真を入れることも出来るので、他人に悪用される心配がないなどうれしい点もたくさんあります。横型、縦型など多数のサンプルが用意してあるので制作時に悩む必要もありません。世界に一つしかないオリジナルの社員証が作れるのもうれしいですね。