[ Content | Sidebar ]

目の下のしわは美容外科で対処?

6月 13th, 2013

目の下のしわ、悩みの原因になりますよね。
結構悩んでいる女性の方、多いと思います。

目の下のしわは、とても老けて見えてしまう原因になります。
一つ刻まれるだけで、見た目年齢が何歳も変わってしまうと思うのです。
出来る限り若々しく見られたい女性にとって、目の下のしわというのは本当に命取りなのです。

目元は、顔の中でも最も年齢が出やすい部分です。
そのため、日頃からケアを十分に行っていく必要があります。
目元用の美容液を塗ったり、目元用のパックをしたり・・・
スキンケアだけではなく、目元は目元用のケアを行った方が良いと言えるでしょう。

しかし、しっかりとケアをしていても、いつの間にか年齢がでてしまうのが目元というもの。
目の周りは皮膚が非常に薄いので、いくら気を付けていたとしても、ストレスや乾燥、老化によって、いつの間にかしわなどが出来てしまいやすいのです。

そんな時は、美容外科にたよるという方法もあります。
美容外科では、目元を若々しくする様々な施術が行われています。
自宅で行うセルフケアとは異なり、効果も絶大で即効性も高い施術ばかりです。
自宅でのセルフケアだけでは満足な効果を得ることが出来ないという方は、美容外科で施術してもらうというのもおススメですよ。

美容外科施術は、値段も様々です。
リーズナブルな値段で受けることの出来る施術もありますので、まずは美容外科に行って相談してみましょう。
きっと自分に合った施術を提案してもらうことが出来るはずです。

女性ホルモンのエストロゲン分泌が減少

6月 5th, 2014

しわが出来ると、アイロンがけのようにピンと伸ばせないかと思ってしまうものですね。
今回は、そんな出来てしまうしわの種類に応じての対策をご紹介したいと思います。

・乾燥しわには何より保湿
私達の皮膚の最上面にある、表皮は肌を保護する役目があります。
肌の奥とは違い、外気にさらされているため、表皮は乾燥しやすいといいます。
特に目の周りは皮膚がもともと薄いため、乾燥しやすい部分でもあります。
乾燥による表皮のしわには、何より保湿が重要になります。
細かくできた、目の周りのちりめんじわなどは、このような乾燥で起きます。
化粧水などで水分を与えたあとは、必ず油分を補うようにします。
体温で温めて馴染ませると、浸透しやすくなります。
ベトツキが気になる人は、化粧水が多く残った状態でクリームをのばしてつけると、ベタツキが無くなります。

・コラーゲン減少によるしわ
加齢によると、コラーゲンを生成する女性ホルモンのエストロゲン分泌が減少するため、コラーゲンが多く含まれる真皮という組織の弾力がなくなりやすくなります。
エストロゲンを増やすための食べ物は大豆などにイソフラボンが多く含まれることで有名ですが、生キャベツ、きな粉などにもエストロゲン分泌を高める成分が多く含めれており、熱に弱い成分ため、なるべく生で食べるのが好ましいといわれています。
若年性更年期などが心配な女性は、コラーゲンを摂取したり、女性ホルモンの分泌を高めたりするアロマなどもオススメです。
真皮は、肌の殆どの細胞を占めるため、加齢が原因のコラーゲン減少によるしわは、治すことが難しいといわれています。
また、生理不順などできちんとエストロゲンが分泌されないと、コラーゲン分泌にも影響が及びます。
食生活だけでなく、生活習慣などでも、体を冷やさない、無理なダイエットはしないなど気をつける必要があります。

しわには、色々な種類がありますが、どのしわも、アイロンがけのように、無かったことにしたいものですね!

少しでも若く見られたいというのは女性の常

4月 29th, 2014

女性も20代半ばを過ぎた辺りから、実年齢より若いと言われると嬉しいという反応に変っていきます。年を取ると少しでも若くみられたいというのは女性の常なのかもしれません。
しかし10代の頃は、自分のことを子供扱いしないでくれと思った女性も多いのではないでしょうか。
男性にとって女性の年齢と見た目は、毎回コメントが難しいと思っているかもしれません。
女性の年齢と見た目についてとあるアンケートでは、仕事ではしっかりしていると思われたいので年相応か年上に見られたいという意見が多く、プライベートでは少しでも若くみられたいという願望があるようです。
ここでは、少しでも若く見られるためのテクニックをお伝えしていきたいと思います。

①髪型やメイクでの若見え
昔流行していた細眉は、老けてみられがちです。
眉毛はなるべく太めにチェンジしましょう。
面長などで老けてみえやすい人は、前髪を作ったりすると若々しい印象へ。
ロングなどで白髪が目立つ場合などは、髪を短くしたほうが若くみえます。
メイクもツヤを重視し、厚塗りはさけます。加齢によるしみやくすみに気をつけましょう!
アイラインを幅広にすると、老けてみえます。

②若づくりはNG!浮いてみえます
洋服と顔そしてスタイルの印象がマッチしていないと、浮いて見えます。
若者が着る様なものは、はっきりいって古い老けた印象しかつきません。
70~80年代のものが流行るという時代でもありますが、フォルムも違えば着こなし方も違うので、気をつけましょう!
なにが一番違うかというと、現代っ子とはまるで体型や顔の大きさが違います。

③メイクでしみは消せるがシワは消えない
化粧品はとても便利で、しみなども見えない様にすることができます。
しかし、シワばかりは消すことができません。
シワやたるみといったものに対してのアンチエイジングを行うことも若く見られるポイントになります。
顔のマッサージや全身のリンパマッサージはもちろんのこと、顔の筋肉をきちんと鍛えることも大事ですね。
忘れがちで気をつけたいのは、首元と手の甲のシワです。
ここは一番手を抜きがちで、年齢が出てしまう場所といわれています。
特に首元のシワは、枕の高さがあっていないことや、紫外線をうけたことによる肌ダメージ、姿勢が悪く猫背になりやすいなどが原因です。

著者も30代になり、少しでも若くみられたいという気持ちもわかります。
そのためには、外見のお手入れも重要ですが、良い年を重ねた人の、内側から溢れるものには叶わないのではないでしょうか。

洗顔はアンチエイジングの第一歩

3月 21st, 2014

アンチエイジングのためのスキンケアというと、「与えるスキンケア」をイメージする方がほとんどですよね。
高級な美容液を用いたり、美容成分たっぷりの化粧水を選んだり、しっかり栄養を与えることができるクリームを探したり・・・
でも、実はアンチエイジングで、まず大切にしたいのは、「落とすケア」のほうなのです。
特に洗顔は、1日すっぴんで過ごした日であっても、必ず行うスキンケアステップですよね。
この洗顔を正しく行わないと、確実に老け顔への道を進んでしまいます。
洗顔の際、よく泡立てずに、ゴシゴシと力任せに洗ってはいないでしょうか?
洗顔の目的は、肌表面の汚れを落とすことではなく、毛穴の奥やキメに入り込んだ汚れを絡め取るようにして落とすことです。
そのためには、弾力のあるきめ細かい泡を作り出し、その泡を転がすようにして洗う必要があるのです。
ゴシゴシとこする洗い方では、毛穴やキメに入りこんだ汚れまで落とすことはできません。
汚れが落ちずに蓄積されていけば、その分、肌に大きな負担がかかり、肌年齢を加速させてしまう原因になります。
さらには、洗顔でゴシゴシとこすり洗いを行うと、肌を摩擦してしまうことになります。
摩擦はとにかく大きな肌ダメージとなりますから、シワなどの年齢肌悩みの大きな原因になるのです。
しかも、過剰な洗顔によって皮脂を取りすぎてしまうと、肌に必要な水分が保持できなくなり、潤い不足の乾燥肌になることもあります。
アンチエイジングをしたいのなら、まずはその第一歩として、正しい洗顔方法を見直してみましょう!
美容液などにお金をかける前に、まずは泡立ちの良い、優しい成分で出来た良質な洗顔料選びから始めることも大切ですね。

目の下のしわを改善することができるのでしょうか?

1月 13th, 2014

目の下にしわができてしまうと、人相すらも変化してしまうようで辛いですよね。
どうしても老けた印象になってしまうので、できる限りの方法で対処したいものです。
では、どのような方法で対処すれば、目の下のしわを改善することができるのでしょうか?
スキンケアやマッサージ、エステなど、方法はたくさんありますが、最も即効性が実感できる方法は、やはり美容外科での対処でしょう。
美容外科では、FGFという注射によるシワ改善法で、皮膚組織を再生させるという効果的な方法があります。
切開などの必要は無く、注射だけの簡単な施術で済むのが嬉しいですよね。
ヒアルロン酸注入という方法もありますが、ヒアルロン酸の場合は、皮膚に吸収されるスピードも速いため、あまり長期間の効果は期待できません。
ですが、このFGFという方法なら、自分の皮膚組織自体を再生するため、活発にコラーゲンやエラスチンの生成を繰り返すことができ、長期的な効果を得られるのです。
FGF以外にも、マイクロCRFという方法やW-PRPプレミアムといった、再生治療を使った目の下のしわ治療法が多数確立されています。
また、昔からよく知られているボトックス注入という方法もありますね。
このように、美容外科では最先端の治療で、目の下の頑固なしわにも、しっかり働きかけてくれるから、驚きの効果をすぐに実感することができるのです。
ただし、医療行為である以上、ある程度のリスクが伴うということも、忘れてはなりません。
ただ注射を打つだけという治療法であっても、「注射跡が残る」というくらいのリスクは、必ず存在するのです。
リスクと高額な治療費を理解したうえで、どうしても、即効性のあるしわ対策がしたいという人には、美容外科がオススメですね。

目の下のシワに効くアルジルリン?レチノール?

11月 15th, 2013

タイトルをご覧になって、アルジルリン?レチノール??と疑問に思った方は多いかもしれません。
アルジルリンとレチノールとは現在注目を浴びている美容に効果があるとされている成分のことなのです。

皆さん、ボトックスは聞いたことあるのではないでしょうか。
アルジルリンとはこのボトックスと似た働きをする複数のアミノ酸が連結した植物性の物質のことです。

ボトックスは劇薬のため、アレルギー反応等が起きやすい性質を持つのに対し、このアルジルリンはアレルギーの起こりにくい安定性のある物質のようです。
ボトックスは注射で表情筋の内部に直接注入することが主流なのに対して、アルジルリンは現在では化粧品に含まれる成分です。

直接的な効果はボトックスには劣るかもしれませんが、より安全に使用できるようになっています。
特に目の下にできたシワに対しては、皮膚が薄いためボトックスよりもアルジルリンの方がオススメです。

つづいてレチノールです。
科学的には「ビタミンA」の総称となり、脂溶性のビタミンとして分類されます。
ビタミンAの中で主立って分類されるのがレチノールとカロチン。
カロチンと云えば「にんじん」を思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。

カロチンが植物性なのに対し、レチノールはレバーやウナギなどに含まれる動物性のビタミンAになります。

レチノールはカロチンよりも体内浸透率が高いのが特徴で、浸透率が高いと云うことは効果も期待できると云うことに繋がります。
ビタミンAは新陳代謝を促進する働きがあるので、肌の生まれ変わりを助けてくれる注目の美容成分で、特に年齢の出やすい目の下のシワに効果的な成分と注目を集めています。

目の下のしわにエスティローダーの美容液

9月 30th, 2013

40代を過ぎると、体重は増えるし、しわはどんどん伸びてくるし・・・
目の下のしわなんて大変なことになっています。
ケア用品も、年々高くなっていって、家計の圧迫ぶりも大変なことになっています。

もう、最近はいくら高い美容液を使っても、全然改善できないしわにイライラしています。
少しでも、綺麗になりたいと思って研究に研究を重ねた結果、エスティローダーの美容液が一番いいってことがわかりました。

私の肌環境に合っているというか・・・アレルギーを持っている私の肌にとっては、すごく野菜い感じです。
私が、エスティローダーの美容液に出会ったのは、主人に誕生日プレゼントで買ってもらったのがきっかけです。
主人は、会社の若い女性に色々と聞いて探しあてたみたいです。

一回使ってこんなにも私の肌をプルプルにしてくれる美容液・・・・正直びっくりしています。
主人も、恥ずかしながらの購入に、男性お勇ましさを感じました。

今までに色々な美容液を使ったり、ケアをしてきたけどこんなに効果的なものはないと思いました。
それに、毎回思うけどケア用品は色々あるので、まずは実際につかってみないとわからないっていうのがあるんですよね。
試供品とかで使ってはみるけど、結局は一週間程度の分しかないので・・・

私にとってエスティローダーの美容液との出会いはいい出会いだったなと思っています。
エスティローダーの美容液でこれからも綺麗にそしてモチモチな肌になれたらいいなと思います。

目の下のしわがあると10歳以上老けて見えるのです。

8月 2nd, 2013

初めて合う人に対しては、第一印象はとても大切です。
頻繁に会う友人たちはもちろんですが、そんな相手であっても、実年齢よりも若く見られたいものですよね。
しわやたるみ、お肌の状態によって、その人の印象はかなり違ってきます。
第一印象は、顔を見た時の印象でもあるので、目元や口もののしわやたるみなどのお手入れもしっかりと行っていきたいものです。
特に目元にシワがあると老けた印象になってしまうものです。
目元二しわがあることで、実年齢よりも10歳以上老けてみられてしまうこともあるのでかなり怖いですよね。
もう40代だから・・・なんて諦めてはいけません。
いつ目でも綺麗で若く見える女性は素敵なものです。
笑いじわなんてよく言いますが、幸せに暮らしているのと、目元のシワはまた別の問題としてとらえると、お手入れにも気合が入るのではないでしょうか。
年齢と共にシワができてしまうのは仕方のないことかのしれません。
ですが、だからと言ってそのままにしてしまうのはもったいない!
肌の乾燥やストレスなどもしわには大きく影響してきます。
なので、日ごろのお手入れがとっても重要になってくるのです。
最近は、シワなどに対する有効成分が多く含まれている化粧品なども多く販売されています。
少しで若く見られたいと思うのであれば、しわ対策をしっかりと行うようにして下さい。
目元にハリを与えていつまでも若々しく過ごしていきましょう。
きっと見た目年齢も若くなりますよ。

目の下のしわが気になってきた

5月 11th, 2013

年齢を重ねるにつれて、目の下のしわが気になってきたという方も多いと思います。
最初は目立たない小じわでも、じょじょにメイクでも隠しきれないしわになることも多いものです。
そうなってくると美容液などでは対処しきれなくなるため、美容外科で対処ということを考える方も出てきます。
しかし美容外科というと、やはりどうしても顔にメスを入れることを想像してしまいます。
そう考えるとその恐怖感から「自分には必要ない」とさえ思えてくるものです。
ただ最近は、「切らない」ということを全面に押し出したしわ治療が主流になってきています。
それに美容外科と美容クリニックの境界線はあいまいですので、美容外科といいつつも診療科目はほとんど美容クリニックと同じということもあります。
ですから美容外科でもヒアルロン酸注射やボトックス注射といった「切らない」しわ治療を受けることができるでしょう。
ただ、たるみがひどい場合にはリフトアップをお勧めされるかもしれません。
リフトアップの場合はメスを使うことも多くなりますが、中にはメスを使わないリフトアップもあります。
ですから顔にメスを入れるのが怖いという方は、そちらをお選びになるといいのではないでしょうか。
おそらく目の下のたるみがひどくない場合には、ヒアルロン酸注射などのお手軽な方法がお勧めされることが多くなるでしょう。
もちろんどの治療を選ぶかは本人次第ですから、よく考えてから選んでください。

誰でも多少しわは出てきます。

5月 2nd, 2013

年齢を重ねていけば、誰でも多少しわは出てきます。
しかしエイジングケアを頑張ることでしわを少なく・目立たなくさせることも可能になります。
ですがやはり目の下のしわというものはやっかいな存在です。
目もとというのはしわができやすい部分ですし、またそのしわが目立ちやすい部分でもありますからね。
それに目もとのしわが目立つと、実年齢よりも老けてみられるなんてこともあるかもしれません。
エイジングケアを頑張っている方ならそれはどうしても避けたいことですよね。
今は優秀な美容液などが次々に発売されている様な状況なので、それらを使えば美容外科などに頼らなくてもエイジングケアができるでしょう。
しかし目の下のしわに関しては美容外科で対処したいという方もいるものです。
ヒアルロン酸注射やボトックス注射、プラセンタ注射というのは美容外科などでしかできないものですからね。
それにやはり、そういったものを利用することで普段のエイジングケアでは得られない効果も期待することができます。
ですから目の下のしわをどうにかしたいと思っている方は美容外科で一度カウンセリングを受けてみてはどうでしょう。
カウンセリングは無料になっていることがほとんどですから、気軽に利用することができると思います。
最近はエステに行く感覚で美容外科などに定期的に通っている方もいますから、そこまで抵抗を感じることなく美容外科を利用することができるのではないでしょうか。