Tuesday, May 30, 2017

バカ売れキャッチコピー3

簡便性を追加する

ここまでの方法を実践して頂けたら、①ターゲットを絞った②具体性のあるキャッチコピーが出来上がっているはずだ。既に十分に魅力的なものになっているはずだが、さらに素晴らしいキャッチコピーに変えるための秘訣がもう一つある。

その秘訣とはキャッチコピーに「簡便性」を追加することだ。「簡便性」とは、簡単に言うと、自分でも出来そうだと思ってもらえるような文言だ。

簡便性 = 自分でも出来そうだと思ってもらうための文言

詳しくお話する。例えば、『たったの7日でTOEICのスコアを100点アップ』という文言を見ると、多くの人は、「一日何時間勉強したの?もしかしたら1週間缶詰状態??」と、無意識に、その結果を得るために払った対価に思考の焦点がいきつく。

そして、「結局、自分には無理なんじゃないか・・・」と不安が先立ち、やる気をなくしてしまう。当然、読み手がそういう反応をしてしまえば、後からどれだけ頑張って伝えても、もう商品は二度と売れない。

こうした状況を防ぐためには、以下のように簡便性を伝える文言をキャッチコピーの中に追加すれば良い。

受講者の79%が、1日1時間の勉強を7日続けただけでスコア100点アップ!
TOEICで高得点を取る人が抑えている5つの出題パターンです。

つまり、簡便性を追加するということは、前述した①具体的な結果(TOEICのスコア100点アップ)を②達成するためにやるべき事(5つの出題パターンを抑える)を、「どのように実践するのか?(1時間勉強する)」を伝えるということだ。

商品やサービスによっては、実践者に大きな努力を必要とするものもある。

例えば、3ヶ月で筋肉質な体に生まれ変わるためのジムトレーニングや、どこでも結果を出せる営業マンになるための営業トレーニングなど、、、。

出来るようになるまで無制限フォロー
受講者の83%が1年以内に年収アップした営業トレーニング
凡人営業マンでもトップ営業マンになるためのセールスの極意

つまり、キャッチコピーに「自分でもできそうだ」と思ってもらえるような簡便性を追加するには以下の2パターンがある。そして、それぞれのパターン毎に伝えるべき「簡便性」は異なる。

  1. 実践が簡単な商品/サービス:
    商品やサービスを手に入れた後に、実際にやるべきことは簡単だということが伝わる文言を追加する
  2. 実践に努力が必要な商品/サービス:
    商品やサービスを手に入れた後に、「途中で挫折してしまうかもしれない」という不安を軽減するために、アフターフォローがしっかりしていることが伝わる文言を追加する