Wednesday, July 26, 2017

夢を見続ける

小さい頃に夢があったのだろうか。
大きくなったらこうなりたいとか、こうしたいとかもしかしたら小さいことから、叶うかわからない大きなことまで、小さい頃に限らず今も昔も夢を見続けている。
夢と言うからには叶うかわからない壮大なものを想像するかもしれない。男の子だったらプロ野球選手になるとか。わけもわからず本当に小さい時ならそれは夢であるかもしれない。
けれど本当に夢ではなく現実味を帯びてきたらそこからは夢ではなく地に足を付ける方法を考えなければいけない。
夢は見るものではなく、叶えるものだという。見るだけなら誰でもできる。ただ頭の中で空想していればいいからだ。
頭の中は何をしようと自分の勝手だし、他人に覗かれることなんて決してないから、自由気ままだ。でも夢を見ているだけでは何も始まらない。
夢が叶わなければどこかの時点で諦めて別の夢を探すか、着実に自分にできることだけを遂行していくかしないと、日々生活はしていけないのである。
遠い昔は夢で、夢を現実のものにしたところでも同じである。夢が現実となった瞬間、厳しさが増す。
夢は見続けるものでもない。いつかは醒める。
夢は見たい。いつまでも見続けたい。自分の可能性を信じたいし、追い続けたい。
夢が叶うべきものであれば、必ず現実のものになるチャンスがあると思う。そのためには、常にアンテナを張って夢を叶えるためのチャンスを逃さないようにしないといけない。チャンスの神様は前髪しかないのだから、目の前を通り過ぎていったらチャンスはつかめないのである。
そのチャンスをものにできれば夢は叶うだろうし、チャンスを逃してしまったら、次のタイミングを待つか、縁がないと思って諦めるかである。
人によっては諦めきれない人もいるだろう。夢の中を延々と彷徨っている人もいるだろう。でも叶える力がなければ、そもそも夢を追う資格はないのではなかろうか。誰でも夢は見られる。でも追い求めるかどうかは素質しだい。