Tuesday, May 30, 2017

単なる興味の一環

その日見た夢の内容が、どんなことを示唆しているのか気になる時がある。
良い夢ならいいけれど、悪い夢もある。おおよそは、日頃の深層心理を夢で具現化していることが多いと思われるが、それでも気になるときもある。
夢の中で、自分がとてもハッピーなときもある。全く日頃の自分とは関係がないものが突如夢として現れることもある。夢の内容は覚えている時もあるし、忘れていることもある。
もし夢の中の出来事が何を示唆しているのか、象徴的と思われる夢の中の事象が何を意味しているのかわかったら面白いと思う。
わかったからといって、どうなるものでもない。
例えば、蛇の夢を見ると金運がよくなるとか、果実の夢を見るといいことが起きるとか、一般的に言われる夢占いもあるけれど、果たして当たるかどうかは他の占いに比べてもちょっと信憑性が薄いような気もする。
私の場合、変な夢だったなあと思う時、そのときの夢の出来事を思い出せたなら、とりあえず夢辞典で意味合いを調べてみる。
自分の身に置き換えてたいした意味をもたない事象であれば、不安な夢を見た場合は安堵するし、いい夢でいい事象であったとしても、そのことで期待することもない。
単なる興味の一環で終わることが多い。いちいち今日の夢は何を示唆していたのだろうと、追求するようになれば、そのことを考えて眠りにつかなければいけないし、夢を見ているときは眠りが浅い時だから、きちんと眠れなくなってしまう。
それでも、少しは夢占いの知識を持っていると楽しいかもしれない。
いい事象の夢を見られたら少しは心浮き立つ。もしかしたら今日見た楽しい夢のごとく、何かいいことがこの先起こるかもしれないと期待を一瞬でも持つことができたら、それはそれで楽しいと思う。
楽しい夢よりも怖い夢の方が多いかもしれないけど、楽しい夢の続きをまた現実ででも、夢の中でもまた見られたらいいなあと思ったりもする。